頻尿、尿漏れの改善や対策に効く食べ物

796deda9987b6f26d0a2217b1287f662_s頻尿を改善する健康成分といえばノコギリヤシが有名ですが、ノコギリヤシは前立腺肥大や男性ホルモンのバランスを改善するのに適しているので、過敏性膀胱炎などの疾患には別の健康成分が適していることもあります。

頻尿の原因は人それぞれなので、どの健康成分が一番いいかと指定するのは難しいのですが、自分の頻尿の原因を特定することができればそれにあった健康成分を摂取することで改善が期待できます。




 

頻尿、尿漏れの改善にいい健康成分、食品

ノコギリヤシ

saw_s頻尿対策というとノコギリヤシが真っ先に思いつくかもしれませんが、ノコギリヤシが頻尿に効果があると言われている理由は、前立腺肥大症の改善と男性ホルモンの抑制作用です。

前立腺肥大症は男性にしか起こりませんが、加齢によって肥大してくる前立腺を抑えることで膀胱の圧迫を止めて頻尿を改善します。ノコギリヤシが女性にもいいという議論もありますが、効果が証明されていないので女性がわざわざ頻尿対策にノコギリヤシを選ぶ必要はないでしょう。ノコギリヤシの他にも女性の頻尿を改善する成分は多くあります。

(西洋)ペポカボチャの種

15751a04ee1569fd41a72d0d2ebb0e23_sペポカボチャはあまり聞いたことがないと思いますが、ハロウィンで使われているカボチャがペポカボチャです。観賞用と食用があるのですが、まず近所のスーパーでは売っていません。

このペポカボチャが頻尿にいいというのは、ヨーロッパではすでに医薬品として認定されているため効果については問題ないでしょう。ペポカボチャの頻尿改善は、過活動膀胱という膀胱が活発に動きすぎて頻尿になる症状や女性の頻尿に多い骨盤底筋の機能を向上させる、尿道括約筋の機能を向上させると言われています。

ノコギリヤシは男性に対する効果が主でしたが、ペポカボチャは男女ともに有効なので、医者に行くほどでもなかったり、とりあえず試してみたい場合にはペポカボチャ配合のサプリがいいでしょう。

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用がある栄養素として有名ですが、活性酸素を抑えることで様々な効果を期待できます。特に頻尿に関連することとしては、血行をよくすることで冷えを改善する、冷えを改善することで腎臓の機能に負担をかけないということです。また高い抗酸化作用は老化を防止します。頻尿の大きな原因として加齢による前立腺や膀胱の筋肉の衰えがあるので、老化を遅らせることはこれらの症状が起こりにくくなるということでもあります。

リコピン

29a2afd568cbfe129f9c243abf0a4e90_sリコピンには、強力な抗酸化作用、血糖値を下げる、動脈硬化を予防、がん予防、ぜんそくの改善などの様々な効能があります。また最近の研究では、前立腺肥大に伴う膀胱内圧の上昇を軽減する作用があることがわかりました。
トマトを日常的に良く食べるイタリアやギリシャでは前立腺がんの発症が他の国に比べて低いことからもリコピンが前立腺に良い影響をおよぼしていることがわかります。

イソサミジン

最近注目を集めている成分としては、イソサミジンがあります。あまり聞いたことがないと思いますが、これはボタンボウフウというせり科の多年草にだけ含まれているためです。イソサミジンには膀胱の過剰な収縮をやわらげ過活動膀胱などの膀胱の異常な動きを鎮める働きをします。

銀杏

5dd1eacb5ed59ef4a7e474e98edb804b_s昔から頻尿にいい食べ物としてよく知られています。銀杏には先ほど紹介した尿道括約筋を強化するマグネシウムが豊富に含まれている上に、血行を良くし体を温める作用があるギンコライドという成分が含まれています。頻尿には冷えもよくありませんので冷えの改善は頻尿の改善に大いに役立ちます。

マグネシウム

人体に必要なミネラルの一つで油揚げ、あさり、納豆、いわし、いくらなどに多く含まれています。マグネシウムには尿の出を制御する筋肉である尿道括約筋を鍛える働きをします。

尿道括約筋の筋力が弱いとちょっとしたことで尿漏れを起こしてしまうのでできるだけ鍛えておくと突然の尿漏れや失禁を防ぐことができます。

クランベリー

839eea45e5e80e3f65d608460c8bb666_sクランベリーの原産国はアメリカなのでアメリカではクランベリーに関する研究がよく行われています。
研究でわかっていることは、細菌が原因となる膀胱炎、尿道炎を体質改善により改善するということです。
クランベリーには細菌の種類を問わず細菌を粘膜から引きはがす働きがあるといわれています。

クコの実

中華料理などでたまに見かけるクコの実は、一般的にはあまりなじみがないと思います。
中国や東アジアが原産で抗酸化作用、老化防止、精力増進などの様々な効果があるため万能フルーツ、スーパーフードなどと呼ばれ漢方でもつかわれている食品です。

クコの実の効能はたくさんあるのですが、その中に頻尿を改善するという効果もあります。そのため頻尿にいいとされる漢方薬にクコの実が配合されていることもあります。

クルミ

d0f2bd70422705f3dd35e81d2206d7a4_s頻尿対策の食品として有名なのがクルミです。クルミには老化防止や滋養強壮などの効能がありますが、腎臓の機能を高めるといった効果も知られています。腎臓の機能が高まると、尿の排出が正常になるので頻尿の改善に効果的です。

ニラ種

成長したニラでさえ精力増進などの健康効果が知られていますが、その種にはさらに抗酸化作用や血栓を予防する働きなどがあり、昔から漢方で使われています。 その中でも特筆すべきは腎臓への活力を与える効果。腎臓が元気になれば、前立腺肥大、膀胱炎、頻尿、尿漏れなどをカバーすることができます。

ニラの種と言っても、園芸店などで売っているものは特殊な薬剤などで加工してあるので、もしニラ種を試したかったら漢方薬のお店で取り扱っているところがあります。また頻尿対策サプリにも含まれていることがあります。

これらの栄養成分は、一度摂るだけでなく続けて摂ることで効果を得ることができます。しかし、スーパーなどではなかなか手に入らないものもあるので、そういう場合はサプリメントで摂取すことが手軽で続けることができるでしょう。

頻尿改善のサプリメント

まとめ

290a66e2aacb42cc2cffc5cec1249720_sここまで頻尿によいとされる健康成分について説明しましたが、これらの健康成分はビタミンE以外はなかなか通常の食材では手に入れることが難しいのが難点です。

例えば銀杏やクルミはたまに摂るのは特に問題ないと思うのですが、さすがに毎日銀杏やクルミを食べることは現実的ではないでしょう。しかもニラ種やクコの実、クランベリーなどはどこで手に入れたらいいのか困ってしまうような食材です。

そうなると健康成分が通常の食品から摂りにくい場合はサプリメントで摂ることが一般的なのですが、サプリメントに対してなんとなく安全面で不安な方もいると思います。

しかし幸いなことに、ノコギリヤシやぺパカボチャなどはヨーロッパなどで医薬品の一部として用いられているように、信頼性の高いものなので巷で販売している怪しげなものより安心して試すことができます。