【頻尿対策】トイレが近くなる食べ物や飲み物

54d47125728cfc17791348d9c440af4d_s車での長距離移動や学校の授業中、会社での会議中などトイレに行きたくともなかなかいけないシチュエーションって多くありますよね。そんなときに、普段から頻尿ぎみでトイレが近いと「今日は大丈夫かな~」と不安になってしまいます。

私も頻尿ぎみなので車での移動やトイレに自由にいけない状況では結構いやな思いをしてきました。頻尿は原因が必ずしも特定できませんが飲食物が影響する頻尿も多くあります。

特にトイレに行けない状況になることが多い方は頻尿によくない以下の食べ物を避けてみてください。




 

トイレが近くなりうる食べ物や飲み物

dc8e7b1849b8128e3babb77053691258_s

カフェインを含む飲み物

コーヒーを飲むとトイレに行きたくなる人は多いと思いますが、これはコーヒーに含まれるカフェインが原因です。コーヒーはカフェイン含有量が多いので1杯ぐらいでもトイレに行きたくなるのですが、他にもカフェインを含む飲み物はたくさんありますのでたくさん飲みすぎないように注意してください。

カフェインを含む飲み物
コーヒー、緑茶、紅茶、烏龍茶、ココア、コーラ、栄養ドリンク
d1d6a3e13d9ed582c352774a145ba0dd_s

アルコール

普段は特に頻尿ではなくとも、お酒を飲むとトイレが近くなるという人は多いのではないでしょうか。
これは、アルコールの利尿作用と水分の増加、カリウムの摂取と頻尿になる要因がふんだんにあるためです。

お酒で頻尿になる原因と対策

刺激物

辛いカレー、ワサビ、辛子、唐辛子、こしょうなどの刺激物は、膀胱を刺激します。これだけで頻尿にはならないかもしれませんが、体内に水分が多い、体が冷えているなどの別の要因でトイレが近くなることはありそうです。

e41bacfa0d25c165b711f8278616ea52_s

果物などのカリウムの多い食品

果物は尿を排出しやすくなるカリウムが多く含まれている上に、柑橘系のものは膀胱を刺激します。
スイカ、梨、グレープフルーツ、レモンなどは特に利尿作用があります。

食品添加物

食品添加物は、保存料、香料などの加工食品に添付されるものです。
コンビニの弁当やハム、ソーセージなどの加工食品に含まれます。
この食品添加物は、膀胱を刺激するので、これも要因が重なると頻尿になることがあります。

砂糖、人工甘味料

砂糖や人工甘味料は、体を冷やす効果があるため(特に精製された)砂糖を多くとると頻尿の原因になります。
栄養ドリンク、砂糖入りコーヒー、コーラなどはカフェイン、砂糖と頻尿にはいいことがありません。

その他

大豆や大豆系食品
大豆や豆腐などの大豆系の食品にもカリウムが多く含まれるため利尿作用があることがわかっています。
特に気を付けたいのが、枝豆+ビールの組み合わせ、麻婆豆腐などの刺激物+大豆製品など要因が増えることです。

体を冷やす食べ物

1309daaf23f6e3c8e4a77039d67b34da_sトイレが近くなる要因として、体の冷えがあります。体が冷えると、末端の血液が収縮して中心部に血液が集まり多くなった血液を尿として排出しようとするためです。

ここで気を付けたいのが、温かい食べ物(飲み物)だと、体が温まる、冷たい食べ物だと体が冷えるということではないということです。例えば、果物だと体を温めるものとしてりんごやぶどう、桃など、体を冷やす食べ物としてはバナナやすいか、みかんなどがあります。

簡単な覚え方として、寒い地域で取れるものは体を温める、温かい地域で取れるものが体を冷やすと覚えておけばいいでしょう。お酒に関しても同様です。ビール、焼酎は体を冷やす、ワイン、日本酒は体を温めます。

このような、体を冷やす食べ物はそれ単独ですぐにトイレが近くなるわけではありませんが、他の利尿作用と合わさるとさらに利尿作用が強まるのでよくありません。

複合的な要因でさらにトイレが近くなる!?

0416f5007c26cbcff3592f3cd822360b_s
利尿作用がある食べ物や飲み物は、膀胱を刺激しトイレが近くなります。ただ、実体験としてこれらの食べ物を食べただけでは頻尿にならないこともあります。

このトイレが近くなりやすい食べ物や飲み物は複合的な要因があるのではないかと思います。私がこの中で確実にトイレが近くなるのはビールとコーヒーです。

ビールはカリウムを多く含み、体を冷やす飲み物、コーヒーはカフェインを多く含み、これも体を冷やす飲み物です。体を冷やすとは、ホットコーヒーでも同じです。物理的な温かさではなく、作用としてカラダを冷ます作用があるのです。

このように、利尿作用のある食べ物+トイレが近くなる要因があるとますますトイレが近くなります。トイレが近くなる要因としては、以下のようなものがあります。

・前立腺肥大
・過活動膀胱
・冷え性
・心因性の頻尿
・その他の病気の影響

これらの傾向がある方で頻尿を避けたい場合は上記の食べ物に気を付けてください。

特に気を付けるべき飲食物ランキング

トイレが近くなる利尿作用がある食べ物を紹介しましたが、
これをすべて覚えておくのはかなり難しのではないでしょうか。

特に気を付けるべき食べ物をランキングで紹介します。

1. ビール
ビールはアルコールの中でも特にトイレが近くなる飲み物です。
アルコールの利尿作用にカリウムが加わり、さらにビールはちびちび飲まない人が多いので短時間に多くのビールを摂取しがちです。
トイレが近くなりたくない場合には特に気を付けてください。

2. コーヒー
コーヒーに含まれるカフェインに加えて、体を冷やす作用があります。
特に砂糖を入れたコーヒーだと、砂糖にも利尿作用があるのでさらにトイレが近くなりやすくなります。

3. 柑橘系の果物
酸味のある果物は利尿作用がある上に、体を冷やす種類だとダブルで作用が強まります。
特に気をつたいのはお酒、サワーはビールに比べて利尿作用が強くありませんが、
グレープフルーツやレモンと合わさるとアルコールと、冷え、柑橘系の果物、カリウムの増加と頻尿によくないものだらけです。

頻尿を回避するにはなにを飲めばいいの?

333a7013072542f4c84ef29684d83e07_s
これまで利尿作用がある食べ物や飲み物を見てきましたが、こんなにたくさんあるといちいち避けられないですよね。その場合には、飲み物だけを気を付けることでも大事なときにトイレが近いことを避けられるでしょう。

食べ物については、大量に食べなければそこまで利尿作用を実感することもないことが多いので問題は飲み物です。カフェイン、アルコール、糖分、カリウムが含まれていない飲み物とは、麦茶と水です。

トイレが近くて困っているという方は、まずは普段の飲み物を水か麦茶に変えてみてください。それでもまたく変わらないなら、別の要因があります。特に糖尿病などの病気もあるので医療機関で相談してみてください。